審美歯科の治療法「ホワイトニング」

審美歯科の治療法であるホワイトニングは、歯科院でのケアで歯を白くする治療方法です。歯を白くするには、歯医者さんでの治療をして、ホームケアですることもできますし、審美歯科ではオフィスホワイトニングで、その場で白くする治療を受けることも可能です。ほんの1時間ほどのケアになりますから、時間のない人でも、すぐに白くして、イベントなどに備えることもできます。歯科院ではお口の中の確認をして、口腔内のクリーニングをします。歯の表面に歯石や汚れの付着したままの状態よりも、クリーンな歯の環境を整えたほうが、歯は白くなりやすいです。お口は開けたままになりますので、固定をする開口器を口につけます。唇や歯茎を保護して、専用のホワイトニングジェルを歯の表面に塗布していきます。目元は保護をする必要があるので、保護用のサングラスをして、歯の表面に専用の光の照射をしていきます。いったんジェルを歯の表面からふき取り、新たなジェルを塗布して、2回目の歯への照射を行います。お口のうがいをしたら、歯のコンディションを整えて、歯の表面にフッ素の塗布をします。歯の白さは施術前より、格段に上がっている状態です。アフターケアなどの説明を受けたら、審美歯科でのホワイトニングは終わりです。

⇒プレミアムブラントゥースの返金はこちら!